ホームページ作成のクレアトゥール
次のページ »

☆☆☆+音音音音音音音音

投稿数: 189

本日、北九州市議会議員選挙が告示されました。

「ありがとうございます!」

「最後の最後まで○○は頑張って参ります!」

・・・・・・・

と、街を行く選挙カーの大きな音が事務所にも届いていました。

思うに、僕の記憶では物心がついた幼少期から、ずっと、選挙というとあんな感じだった気がします。

選挙カーの拡声器の音の中、にこやかに手を振る候補者とそのスタッフ。

そろそろ、あのアピール方法はどうにかならないものでしょうかね・・

「頑張る」のはもちろんだと思いますが、もう少し候補者それぞれの政策なり、具体的なことが市民に行き渡るような方法に改善できないものなのでしょうか?

生活に直結することなので、真剣にならざるを得ません。

海を越えた向こうでも、新しい大統領が決まり、大変盛り上がっているようです。

なんだか、ここ数日、政治づいているようです。

という訳で、今回は「音楽と政治」というテーマでいくつかピックアップを。

と、考えましたが、どうも、話題が重い方にばっかり行ってしまいそうなので、方向転換します。

今回は、どうにもこうにも脱力してしまうジャケットをいくつか。

まずは、最近、古本屋にて300円で見つけた一枚。

cameo

cameo「in the face of funk」

真剣なのかふざけているのか、ついこのジャケットのインパクトに負けてレジへと持っていってしまいました。

ちなみにこのcameoさん、ファンクミュージックの世界では超大御所アーティストです。

ブラックミュージックの歴史を辿っていけば、避けては通れないほどのグループです。

そして、続いてはこちら。

go2

郷ひろみ「How many いい顔」

郷ひろみがブラックミュージックに憧れてこんなことになったのかどうかは分かりませんが、アフロヘアー、似合っていませんね・・

曲は名曲なんですがね。

アフロ繋がりでこちら。

taisou

「ディスコ体操 ナンバーワン」

ラジオ体操第一をディスコアレンジにしてしまった珍盤です。

謎のアフロ外国人、ミスターケニーが超ハイテンションに体操しています。

しかし、ものすごいジャケットです。

そうそう、郷ひろみはもう一つ気になるものがありました。

go1

郷ひろみ「裸のビーナス」

この衣装に文句も言わず、しっかり笑顔を作れる所にプロ意識を感じます。

「How many〜」同様、こちらも曲は超名曲です。

衣装のインパクトということで言えば、こちらも負けていません。

sugi

杉良太郎&ジュディオング「恋は夢のなか」

御大二人して、プレスリーばりのひらひらを付けてのれんの如くなっています。

二人で焼肉屋さんでも行こうものなら、確実にひらひらに引火して大事になりそうです。

脱力ジャケット、まだまだたくさんあるはずなんですが、ぱぱっと思い付いたものは意外とこれぐらいでした。

また、思い出し次第、随時紹介していきます。

ということで、死ぬまでに一度はアフロヘアーにしてみたい松浦誠司がお届けしました。

それでは、また次回まで。

sakai

堺正章「マチャアキのベストスコア」

空前のゴルフブームのクレアトゥール。

ベストスコアは果たして誰が!?

この記事を印刷する この記事を印刷する

次のページ »
制服とユニフォーム 北九州 北九州 給食会社 異業種交流会 北九州 保険 資産運用 北九州 全天候型常温合材

©2008-2016 CREATEur