ホームページ作成のクレアトゥール
次のページ »

きまぐれTips「WindowsXP ServicePack3適用後、アップデートできなくなる」

投稿数: 189

最近正式リリースされたWindowsXP ServicePack3。
このバージョンでも不具合は報告されている。
今回はその一つ。

「Windows XP SP3 をインストールした後、Windows自動更新で更新プログラムが正常にインストールされない」

現象:
タスクバーに自動更新により取得されてきた更新情報。
これをクリックして”インストールする”としても即エラーとなりインストールが先に進まない。

原因:
急にSP1などの環境にいきなりSP3をインストールしようとしたり、SP2の更新が最新でなかったりする場合に起こる。

1、ServicePack3をアンインストールする。(プログラムの追加と削除にて)
環境によっては「更新プログラムの表示」にチェック、表示させる必要がある。

2、再起動。

3、ServicePack2の状態でSP2用の更新プログラムをすべてインストールする。

4、Windows Update エージェントをダウンロードしてインストールする。
URL:http://support.microsoft.com/kb/946928/ja

5、あくまで自動更新にてServicePack3をダウンロード。ウィザードに従いインストールする。

6、再起動し、ServicePack3専用アップデートが正常に行われるかテストする。

この記事を印刷する この記事を印刷する

次のページ »
制服とユニフォーム 北九州 北九州 給食会社 異業種交流会 北九州 保険 資産運用 北九州 全天候型常温合材

©2008-2016 CREATEur